イラン、カスピ海沿岸、農家の朝の日課「敷物、ベランダ干し」風景。
長年洗って、使い込んだ部族のラグが朝日に映えて美しい。
左から「イラン、セネ産、キリム」「アフガニスタン、タイマニ族、絨毯」「イラン、バクチアリ族、絨毯」

 

西アジア、女の手仕事  *ヴィンテージ* じゅうたん&キリム 展

2018年5月23日[水]─29日[火]
午前9時─午後9時(最終日は午後4時閉場)

丸善・丸の内本店 4階ギャラリー A

 

 古布や端切れワークの衣装が、人気の昨今、敷物の分野でも、使われ洗われ年月を経て、程よいしなやかさや味わいを出す西アジアの『ヴィンテージ・じゅうたん&キリム』が注目を集めています。トルコ、コーカサス、イラン、アフガニスタンなどの女性たちによる手仕事を展示すると同時に、パキスタンの現在の色彩豊かな絨毯やキリムも、ご紹介いたします。